演劇ユニットG.com

稽古の後に虹

7/19は三軒茶屋にて稽古でした。7:19-1.jpg
        家紋健太朗さんと土田裕之さん
7:19-2.jpg
伊東達広さん(劇団俳優座)と佐々木誠二さん(劇団昴)
将棋を指す場面・・・毎回本気の勝負が繰り広げられています。
7:19-6.jpg
古口圭介さん(夜の樹)と末吉慶子さん
7:19-7.jpg
見事な歌を披露している泉川真理さんと浴衣姿も素敵な内海詩野さん(壷会)

7:19-5.jpg
7:19-14.jpg
7:19-4.jpg
この場面は・・・前回稽古場ブログで!
7:19-9.jpg
群がる・・・・休憩中のひとこま
差し入れにいただいたスイカに・・・大興奮のみなさん(美味しかったですごちそうさま)
7:19-11.jpg
稽古後の衣装合わせと道具に打ち合わせに演出家宅から見えた虹・・・
その場に居合わせた皆が大興奮!!

7月19日

紐につるした五円玉を妊婦のお腹の上にかざすと、赤ちゃんの性別がわかる――。そんな占いがかつて一世を風靡したんだそう。「金の卵」の一シーンに取り入れられています。妊娠している女医の夏子(佐藤晃子)を取り囲むアパートの面々。風来坊のギター弾き直樹(用松亮)が「五円玉が回ると男の子なんだって」と言い、「ああ、回る回る」とみんな大はしゃぎ。

 

ストーリーとは直接関係ない遊びの部分。でもこんなところこそ、みんなの遊び心を刺激するみたい。演出の三浦剛が「『こんにちは、赤ちゃん』と言ってみて」と用松さんに要求すれば、真介役の伊東達広さんは妙に真剣な顔で五円玉を食い入るように見つめる。扉から入ってくる悉皆屋・谷役の本山三火さんが重要な情報をもたらし、ストーリーを進めようとするも、何だかみんな上の空――。

 

「この占いは、長女が生まれるときに流行ってましてね」と脚本の三浦実夫さん。「え、そのときは当たったんですか」「ええ」「ほうっ、当たったんですか」と実に食いつきのいい伊東さん。渋い役者さんなのに、お茶目な表情を見せてくれました。

7:19-12.jpg


修行・・・

稽古日ではないが,手書き友禅の職人とその弟子そして染め職人役の役者(菊池豪さん・土田裕之さん・橋本昭博さん)が、熊﨑工房で一日修行をさせて頂きました。
 反物の扱い・色の作り方・筆の持ち方・などなど、教えて頂いた事はこの後自主練習で。
この修行の成果を本番の舞台で見届けてください!!
7:17-2.jpg7:17-1.jpg7:17-3.jpg7:17-4.jpg7:17-6.jpg7:17-5.jpg7:17-7.jpg
   G.com主宰 演出家:三浦剛も体験!!
3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13