インセプションか?特攻野郎Aチームか? - 演劇ユニットG.com

インセプションか?特攻野郎Aチームか?

先週、自宅で周りにミロミロと進められた映画「インセプション」をやっと見た。

そしてゆんべは誰にも薦められてない映画「特攻野郎Aチーム」を見た。

三浦です。

 

「インセプション」はご存知、デカプリオ氏と、ケンワタナベさんが競演しているハリウッド映画。監督は「メメント」なんかの監督ですな。僕、「メメント」もミロミロと言われてたけど、結局見なかった。よくよく、とにかくこの監督 の映画をミロといわれることが多い。きっと作風というか、考えてることが似ているのうだろう・・・と、思いながら「インセプション」を見たら。

考えてることが似てました。

映画自体は、「バニラスカイ」と「マトリックス」と「バタフライエフェクト」を足して4で割ったような印象。想像以上にライトなしあがり。映画としてはなかなか楽しめたが「バットマン ダークナイト」程の衝撃はなし。もすこしダークなものを創造していたからか。でも、けっこう楽しかった。

で、ゆんべは、もちろん皆さんご存知「特攻野郎Aチーム」の映画版というかリメイク?というかリボーン?

くそおもしろかった。え、知らない?特攻野郎Aチームを知らない?ハンニマル・スミス大佐も、テンプルトン・ペック通称フェイスマンも、BAバラカス通称コングも、クレイジーモンキーマードックも知らない?もったいない。僕が小学生の頃、日テレでやってた海外ドラマです。今でこそ「24」や「LOST」で洋ドラ人気がすごいですが、当時海外ドラマといえば「ナイトライダー」と「特攻野郎Aチーム」しかなかったような気がする。とにかく再放送だの、再々放送だのみまくったなぁ。

そんな、昔ドラマが2010年に映画化。もちろんキャストは全とっかえですが、Aチームファンもそうでない人も満足できる仕上がり。ラストのおまけはファンであれば感涙間違いなし。

さあ、今週末は「瓦礫の都」の第一稿〆切。

映画を見てる場合なのか?どうなのか?

ともあれ、僕敵には「特攻野郎Aチーム」の方が、得るものが大きかったです。

 

コメント[1]

剛氏にはどうか分からないけど、「ナチュン」ていう漫画面白かった。http://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/1000002588