44歳。誕生日プレゼントでもないけれど。 - 演劇ユニットG.com

44歳。誕生日プレゼントでもないけれど。

岡田

ゴールドジム、行ってます。そんで、誕生日前2週間は、スポーツ関連のグッズが2割引。そんでね、自分へのプレゼントと言う事で、VENEXのリカバリーウエア。上下だと、2万円ちょっとするんで、2割引きは有り難い。

要は、Tシャツと、膝までのタイツなんです。そんでもって、運動後や睡眠中に着ていると、筋肉の疲れが取れるとか。ほんまかいなあと思いつつも、パジャマ代りに着てたんです。

でも、けっこうキチンとした生地なんです。そんでこの夏の猛暑。夏もあんまりエアコンを点けないんで、流石に今年は暑い。夏だけは普通のTシャツでいいやって、夏場だけ着るのやめたんです。2週間くらいしてからかなあ。なんか背中が凝るんですよ。まあ、この年で、夜は蕎麦屋の立ち仕事、猛暑だし、結構忙しいからかなあ、なんて思ってたんですけど、なんか全体に背中が重いし、ギスギスした感じ。たんなる凝りと言うよりも・・・。

そうだ、そうにちがいない、気付かなかったけど、あのリカバリーウエアを着なくなってからだ。うーん、伊達に高いパジャマでは無かったのかも、と思いつつ。今年の誕生日プレゼントです。

「体さん、これからも頑張って下さい。ありがとう。」僕より。

コメント[1]

岡ちゃんおめでとー。
知らなかった。