後は、沈黙。 - 演劇ユニットG.com

後は、沈黙。

いやなにね。公演が終わって、資料を整理していたら、ふって見つけたんですよ。コピーの切れ端を。そこにこんな事が書いてあって。

これって手抜きかも。岡田

 「美は人を沈黙させるとはよく言われることだが、この事を徹底して考えている人は、意外に少ないものである。

優れた芸術作品は、必ず言うに言われぬ或るものを表現していて、これに対しては学問上の言語も実生活上の言葉もなす術を知らず、僕らは止む無く口を紡ぐのであるが、一方、この沈黙は空虚ではなく感動に満ちているから、何かを語ろうとする衝動を抑え難く、しかも、口を開けば嘘になるという意識を眠らせてはならぬ。そういう沈黙を作り出すには大手腕を要し、そういう沈黙に堪えるには作品に対する痛切な愛情を必要とする。

美と言うものは、現実にある一つの抗し難い力であって、妙な言い方をするようだが、普通一般に考えられているよりも実は遥かに美しくもなく愉快でもないものである。」

(小林秀雄『モーツァルト』より)

全部引用でした。でも、そういう気がする。「美」って奴は、抗し難い力。だから反抗して、どうにかこうにか、抑え込もうとするんだけれど、結局は敗北する。でも、その敗北した自分をも、広く深く許容したときに、何か真実みたいなもんに近付けるんかなあ。いまもって、「美」は、やっぱり「敵」です。

「語りえぬものを前にして、人は沈黙せねばならない」

(ヴィドゲンシュタイン『論理哲学論考』)