ごちゃごちゃ。これってカオス? - 演劇ユニットG.com

ごちゃごちゃ。これってカオス?

チラシ出来て、デビュー公演ですねえ。

岡田

チラシが出来て、チケットも発売です。公演「千羽鶴」宜しくお願い致します。

でも、制作の奥田さんから、チラシが届いて、重いなあ。

43歳です。若けりゃ、うれしいとか、なんか前向きな事に向かうんだろうけれども、いやあ重い重い。肩が凝って、久し振りにマッサージに行ったりしちゃいました。

とは言え、まだまだやることはあるし。ただチケット売れると、それは嬉しいもんですなあ。

DM書いていて、よく来てくれる親戚の方に言われたことをふっと思い出しました。どんなことかって言うと、「書くってことは自分の内面を表にさらけ出すことで、それは辛くないか?」って話。ちょっとちがってたら御免なさい。でも辛い事ですよね。

でも、今回、まあいろいろやってて感じてるのは、その「辛い」と言うことが伝わった時、なんかほっとする事があるって感じはするんです。

内容とか、物語とか、思いとか、その先、それを超越した向こうに、「書く」という行為自体がもつ何かしかの感情が伝わったとき、「ああ、これで良かったなあ。」とか思ったりもします。ごちゃごちゃした、もろもろの思いの先に、一筋の流れみたいな何かをふっと感じたり。

生きていますとも。