完璧な目玉焼き - 演劇ユニットG.com

完璧な目玉焼き

最近、ブログに書きたくなるぐらい衝撃的なことがなかったのですが、

昨日見たためしてガッテン!の「完璧な目玉焼き」の作り方を知って、驚愕。

 
何故、今まで気づかなかったんだろう・・・っていうか、シンプルだし、理にかなってる!

 

ってことで作り方は、続きをどうぞ。
僕も人後に落ちず、目玉焼き好き。

しかし、なかなか自分好みの目玉焼きを作るのは難しいですよね。

 

ただ、これはすごい、テレビ見終わってすぐに試した。

まじでうまい。

 
その方法は・・・

 

①黄身と白身を別々に焼く。

というか、先に黄身だけ焼く。

②で、黄身はかなり(かなりよ、かなり)そーっとフライパンへ投入する。

 

これだけで、本当にうまい目玉焼きができます。

 

科学的な理由は

①黄身は常に白身の上に乗っており、通常フライパンに接地しない。ので、火が通りにくく、先に白身がこげてしまう。それから、黄身内の水分が飛ばない。黄身の水分を飛ばずと味がこくなる。そこで白身を黄身を分けて最初に黄身を焼いちゃうってわけ。

②どかーん!ってフライパンにタマゴを落とすと黄身の細胞がめちゃくちゃになり、焼き上がりが堅くて大きい組織として仕上がっちゃう。だが、そうーっと落とすと、黄身の細胞は壊れずそのまま、柔らかく、ほどけやすい繊細な仕上がりになる。

 

ってことでした。

 

お試しあれ。

ひさびっさのブログがこんなんどうでしょう。