2010年3月アーカイブ: 演劇ユニットG.com

出演者紹介 最終回

おなじみG.com専属女優佐藤晃子さんは今回、5年前の初演と同じく、BLACK BOXの主人公の「女」を演じています。仕事に生きる孤独な女がふと散歩に出た公園のベンチで見つけた黒い箱。そこから大騒動、そして感動の大団円へ。一層磨きのかかった佐藤さんの演技にご注目ください。

佐藤さんは役に集中するため、インタビュー形式の取材には応じていただけませんでしたが、「今回の作品、私の演技をすべての女性に捧げます」と意気込みをメッセージとして寄せてくださいました。

いよいよ

本日7時半より中野テアトルBONBONにて

「完全な真空/BLACK BOX」

初日の幕を開けます。


「完全な真空」

地下世界?異次元?それとも地獄の三丁目?ふと迷い込んだ異形の空間を舞台に、男×女×男、三者三様の思いが交差する。都会人の希望と絶望、愛と幸福の在りかを探る人間ドラマ!

 

「BLACK BOX」

霧深い公演のベンチに置かれた黒い箱を巡り、火花散るスラップスティック・バトルが炸裂!夢と現実を越えて、追い求める幸福の行方。箱の中身は愛、それともお金?あなたは何を願いますか?

 

充実した製作環境のもと、仕上がりはかつてなく順調。鑑賞された方の満足度はこれまでになく高いものになりそうです。

チケットにはまだ余裕がございます。

ぜひ多くの方のご来場をお待ちしております!!

魂の書。書き言葉と話し言葉

毛筆、筆ですわ。硯どす。
岡田。

続きを読む

出演者紹介 その6

「完全な真空」に「乞食」役として出演する志村史人さん(劇団俳優座)。三浦剛が演出助手として参加した公演「虹のクロニクル」への出演が縁で今回G.comに初出演いただきました。

Q.G,comの稽古場はいかがですか。

A.楽しくていいですね。皆さんキャラクターが濃い人たちなので。

 

Q.三浦剛の作品・演出をどう思われますか。

A.どういう雰囲気の中で世界観を作っていくのか興味深かったんですが、やってみて、とても素敵ですね。作家・演出家として、一人の人間の中でも違う面が出てくるのか、ある意味別人のように感じる部分もあったりして。

 

Q.お客さんにメッセージをお願いします。

A.色々なとらえ方ができる作品だと思います。自由な気持ちで見てもらいたいですね。

 

立ち姿に自然とにじみ出る風格はザ・俳優といった感じ。その一方でとてもお茶目な人だと共演陣の間では評判です。役名だけでもたじろぐ「乞食」役も志村さんが演じると、存在感や人としての歴史を見事に感じさせてくれます。志村さんの演技にぜひご注目ください。

出演者紹介 その5

「完全な真空」の主人公である「男」を演じる吉田朋弘さん。ミュージカル俳優としてキャリアを積んできた、花も実もある役者さんです。


Q.「完全な真空」は2005年の初演の時も同じ役を演じられて。今回5年ぶりにやってどうですか。

A.始まる前は先入観が邪魔になるかなあと思ってたんですけど、やってみたら前回気づかなかった点を色々発見したりして、全く別物ですね。新たにやっているような感じです。

 

Q.特にどこが変わった点ですか。

A.前回はもっとおどおどしてたかなあと。大きいのは年齢が上がったことですね。自然と、会社での(想定される)役職や地位も上がって。

 

Q.今回、共演者は全員変わりましたが、いかがですか。

A.僕は意外と人見知りするので、なじめるのかなあと心配していましたが、皆さん本当にしっかり受け入れていただいてありがたいです。

 

Q.ほんとですか(笑)?最後にお客さんにメッセージをお願いします。

A.日常的な感じがちょっとゆがむ、その違和感を楽しんでもらえたらと思います。ふつうのことがゆがんでいて、それが大事ということもあるのかと思うんです。

 

吉田さんは秋のG.com次回公演「千羽鶴」にも出演が決定しています。ぜひお楽しみに!

1  2  3  4  5