2010年1月アーカイブ: 演劇ユニットG.com

出演者紹介 その2

バイオリニストの鈴木絵由子さん(右)と雨宮麻未子さん(左)。初演に引き続き、「村」に住む楽士を演じていただいています。脈絡もなく現れ、美しい音楽を奏でては去っていく。存在自体が謎という、そんな役どころです。

Q.今回は初演と比べてどうですか。

雨宮「人間になりました。初演ではアンドロイドという設定で...」

鈴木「人間の方が楽ですね。アンドロイドだと、笑ってはいけないとかいろいろ制約があったんで」

Q.今回トラムの舞台に進出ですが、盛り上がってますか。

鈴木「あまり...」

雨宮「大きな舞台でできるのはうれしいです」

Q.演奏曲も少し変りましたね。

鈴木「前回よりも納得のいくセレクションになりました。ストーリーにあった曲を選べたので」

 

俳優とは違った独特の存在感を発揮する二人。セリフはないものの、プロフェッショナルの演奏するバイオリンの旋律は言葉以上に雄弁。シーンに力強いアクセントを添えます。

色違いの衣装もかわいい鈴木さんと雨宮さんのバイオリン演奏をお楽しみに。

誕生日おめでとう!

9日は「雨男」役の浦川拓海さんの誕生日でした!

稽古終了後、サプライズで制作の奥田英子さんからケーキが贈られました。

おめでとうございます。

初の通し稽古

9日、初の通し稽古が行われました。全キャスト勢ぞろいで劇の全容を実演しました。




どんなストーリーかわかりましたか?

わかるはずがないですね(笑)

ぜひ本番を見にきてください!

 

出演者紹介 その1

これから実に多彩な出演者のみなさんを紹介していきます。まずは最年少、子役の重森玲架ちゃん(右)、麻里亜ちゃん(左)です。

重森姉妹はG.comのアイドル的存在。特に姉の玲架ちゃんは出演作多数を数え、作品世界に欠かせない存在となっています。「闘争か、逃走か。」初演に引き続き、二人揃って、「村」に住む謎の姉妹を演じてくれます。

Q.初演に比べてどうですか。

玲架「役者が違う(何人かキャストの入れ替えがある)ので、雰囲気が違っている。一人一人、それぞれの人の雰囲気があるから。少し緊張してる」

麻里亜「私は今はあまり緊張はしてないけど、友達が見にくるから、間違えないか心配」

Q.難しいセリフがありますからね。

麻里亜「特に博士役の田谷(淳)さんとのセリフで間があるところがあるから・・・」

 

田谷さんと姉妹のやり取りは、作品全体のカギを握る重要なシーン。大きな見せ場でもあります。

大丈夫、二人ならきっとうまくできますよ!

ぜひご注目ください。

 

 

気をつけよう!ぎっくり腰

6日の稽古中、「電気屋」役の星野祐介さんがぎっくり腰に。何気ない、腰をかがめるシーンで突然「ギクッ」と。

子役の重森姉妹のお母さん・重森美智子さんから応急の姿勢を教わります。

しばしばはげしい動きを要求される役者さんには多い病気のようです。

本番まであと二週間あまり。身体には気をつけていきましょう。

1  2  3  4  5  6