リーダーの条件 - 演劇ユニットG.com

リーダーの条件

突然だが、リーダーの条件って何だろうか、そんなことを最近考えている。

 

優れた見識?能力?それとも人柄の良さだろうか。

 

もちろんどれもあるに越したことはないが、結局どれでもなく、やはり「器」、これじゃないだろうか。

 

例えば能力ということなら、組織が大きくなればなるほど、リーダーよりも能力的に優れた人材が集まるのは当然のことと言えよう。大会社なら何万人という人がいる。営業・技術開発・経理その他、部門も数多い。その全ての部門で誰よりも優れた人などいるはずがない。金正日は何をやっても誰よりも優れていることになっているが、もちろん事実ではない。

 

だからリーダーの条件は、人よりも能力が優れていることではなく、むしろ自分よりも能力が優れた人が自分の下にいても嫉妬したり押さえつけたりせず、部下が自分よりも優れた能力を発揮することを喜び、応援し、働きやすい環境を整えることだと思う。「器がでかい」というのはそういうことで、こういうリーダーの下では働きやすいから、優れた能力の持ち主が集まる。

 

優れた能力の持ち主というのは一方で色々と欠陥も多く、不安も抱えている。実は人間としてはいびつなのである。だから、そうした人間ほど、優れた能力を持ったリーダーよりも、能力はそれほどでなくても器の大きいリーダーの方をしたう。

 

有名な大企業の創業者、松下幸之助とかソニーの盛田昭夫、本田宗一郎といった人たちはみなこうした「器の大きい」人たちで、だから優れた人材を集めることができた。

 

何が言いたいのかというと、G.comの三浦剛にもそうした素質がある、ということだ。文芸部の私にしても岡田さんにしても、自分よりも十歳以上年上だし、知識量一つとっても三浦とは比べ物にならない。しかし三浦はそれに嫉妬したり不安を感じたりは全くしていない。むしろ、私たちが劇作家として大きく成長することを願って応援してくれている。こうした三浦の姿勢あればこそ、私や岡田さんも安心して自分の能力を発揮できるのである。

 

こうした三浦の姿勢は一見無欲に見える。しかし結果としては、G.comを大きく成長させることにつながっていくから、実は貪欲だともいえる。「無欲は大欲に似たり」ということわざの通りだと思う。