才能とは? - 演劇ユニットG.com

才能とは?

友田です。

突然ですが、「才能」という言葉についてちょっとお話を。何かやりたいと思う人がしばしば虜になり、人生を誤る人も続出するというこの言葉「才能」。果たして才能って何だろう。

 

その実体はやはりわからない。ただはっきりしているのは、そういうものはある、「才能」という表現で表される何物かはあるということだ。そして、才能には「大きさ」がある。手のつけようがないぐらい大きな才能というのはやはりあるし、それほど大きくない才能はそれ以上にある。やはり、大きい才能ほど希少なもののようだ。何かの分野で状況がすべてその人の周囲で回りだしてしまうとか、何十人、何百人の創作者がいようが、百年も経ってみれば結局覚えられているのはその人一人、というようなことはよくある。だれか、シェークスピア以外の16~17世紀の劇作家、知ってる?

 

しかし、あなたが生まれつき大きな才能の持ち主でなくても、絶望することはない。才能はある程度天与のものだが、同時に育てることが出来るものでもあるからだ。生まれつき巨大な才能というのもあるが、大きな才能も、ほとんどの場合は自身の努力によって築かれたもの。努力だけでなく、めぐり合わせとか、出会いとか、運の要素も大きいが、何にせよ、決まった大きさではないということだ。

 

さて、G.comというところだが、生まれつき大きな才能を持っている人など一人もいない。せいぜい中くらいの才能が集まっている。それも、若干出遅れ気味。大きな才能はやはり10代後半から20代で開花する。30歳を迎えるころには、その分野で押しも押されもせぬ存在になっているものだ。G.comには見事に当てはまらない。

 

生まれつき大きな才能は放っておいてもどんどん大きくなる。才能が状況を吸い寄せてしまうから。小さな才能は、あきらめた方が本人のため。趣味として楽しんだ方がいい。中ぐらいの才能は、実はいちばん難しい。あきらめるには惜しい。自分でも、才能はあると感じるし、周囲にもある程度は期待されている。でも状況を呼び寄せるほどの力はない。放っておいたら何事もなくどんどん馬齢を重ねていく。去年までのG.comメンバーはまさにこれであった。

 

しかし、それも徐々に変わりつつある。縁の作り方だったり、努力の仕方だったり。それによって、中ぐらいの才能は大きな才能に育つ可能性がある。研鑽あるのみ。そして、他人と力を合わせるのも一つの方法。集団としてのG.comに可能性があるとすれば、そこだ。出遅れ気味の中ぐらいの才能たち。とんだ負け犬集団だが、力を合わせれば、胸躍る冒険が待っているかも・・・なんてね。乞うご期待!